外国人材の概要

外国人材と日本人材との違い

merit

外国人材のメリット

計画通りの採用が可能・大人数も確実

採用に困らない・大人数も確実に採用できる

予定している採用人数に達しないことはありませんか?
人員が不足すると、基準を満たさない業種は事業自体を履行することができなかったり、減産になったり。
はたまた、他の人材の負担が増え、その人材まで離職になってしまうと、事業自体の存続に影響します。

外国人材は、予定数、希望数を確実に確保できます。

長期勤務

3年から5年以上は勤務

10年以上就業を希望する人も少なくはありません。
国籍や家庭事情によって希望は変わります。
特定技能のために2019年にミャンマーに行きました。ミャンマー人は他国と違い、日本での永住権取得希望者がクラスの半分以上いました。他国は1割程度。
その理由は翌年証明されました。
自国の政治不安です。
また、子供が生まれたから来たいと。?と思いますが、小さいときはぼ得ていないから、今のうちに蓄財したいそうです。
国によりますが、3年~5年働くと、自国に家が建ちます。

 

勤務態度 極めて良好

勤勉です。何より真面目

日本人が不真面目というわけではありませんが、人手不足で、やっと応募が来たと思ったのに、採用してみたら、たまたま不真面目だったり、すぐ辞めり、以前より扱いに困ることはありませんか??

たまたまですかね?

次の面接、同じような方来ませんか?

人手不足あるあるです。

人手不足になると、ほかで不要とされた人ばかりが再就職します。
なぜ不要とされたのでしょうか?

demerit

外国人材のデメリット

入職日の計画には余裕を

1:日本国内在住者
  入国管理局の込み具合が各地で異なります。2週間~2か月 平均1か月

2:母国から呼び寄せる場合
  特定技能は2か月~6か月 平均4か月

当然1のほうが人気がありますので、人数が多い場合は確保できないことがあります。2であれば大人数確保できますし、費用も1よりは安価です。
1の場合留学生などもいますが、国内で給料を得ている経験があるため、給料額の希望を提示する人もいますので、時間に余裕があれば、2をお勧めします。

日本人材のほうが優れている点

日本語レベルです。これは、人により最も差が出る部分です。しかし、逆の発想もあります。日本語を使わなくてもいい業務を担当できる。日本人から見て不人気な業務でも、外国人材から見たら、楽だからやりたいということも多々あります。単純作業も、楽だという人が多いです。

管理費が必要です

外国人材を雇用する場合、留学生を除き、監理団体そしくは支援機関に管理を委託する必要があります。技能実習生は必須で特定技能は任意です。

失踪やトラブルが頻繁に起きるため、専門の管理業者の制度になりました。

この部分は大人数になるとまあまあの金額になりますが、給与の一部と織り込むしかありません。
この部分は管理を専門でやっている我々業者が担当します。
会社が担当者を置くほうが安価なる場合もあります。しかし、突発的なトラブルに対応できますか?
その1回のトラブルで外国人の受け入れができなることが多々あります。
大阪で経営者が入管法違反で逮捕事例を知っていますが、報道されない事例結構あります。実は書類送検されていたということを後で知った事もありました。

難易度は様々です。貴社に合った制度をご利用ください。

0
主な在留資格数