特定技能対応業種

農業の受け入れ制度

在留資格

1:特定技能(技能実習生からの変更希望者は無条件変更可能)

就業者条件:①+②(②はどちらか1つ合格)
①農業技能測定試験合格
②日本語能力試験(JLPT)4級(N4)以上[国内外で7月と12月年2回開催]
②国際交流基金日本語基礎テスト[常時開催]
国内試験日程はこちら 国外試験日程はこちら

※技能実習生修了者は上記①②ともに免除
雇用人数条件:無制限
特徴:本業界は、技能測定試験の年間実施回数は適度に行われています。
時期に制約されずに採用可能です。 また、試験免除条件があり、過去に技能実習生終了した人数も比較的多い業種です。
比較的安定した人材確保が可能となります。
当社は試験合格者と技能実習生終了者を対象にご紹介してゆきます。
試験内容:
(1)耕種農業全般
①学科
・耕種農業一般 ・安全衛生 ・栽培作物の品種・特徴 ・栽培環境(施設・設備・資材・機械)・栽培方法・管理 ・病害虫・雑草防除 ・収穫・調整・貯蔵・出荷等
②実技(イラスト・写真による判断) ・土壌の観察 ・肥料・農薬の取扱い ・種子の取扱い ・環境管理、資材・装置・機械の取扱い ・栽培に関する作業 ・安全衛生等
③日本語(日本語で指示された農作業の内容等の聴き取り)
(2)畜産農業全般
①学科
・畜産農業一般 ・安全衛生 ・品種 ・繁殖・生理 ・飼養管理等
②実技(イラスト・写真による判断) ・個体の取扱い ・個体の観察 ・飼養管理、器具の取扱い ・生産物の取扱い ・安全衛生等
③日本語(日本語で指示された農作業の内容等の聴き取り)
実施方法:コンピュータ・ベースド・テスティング(CBT)方式又はペーパーテスト方式 60分 70問
試験言語:国外試験:試験実施国の現地語及び日本語
国内試験(選択):1.日本語 2.英語 3.カンボジア語 4.インドネシア語 5.ミャンマー語 6.タイ語 7.ベトナム語
実施回数:国内試験は随時実施 国外試験は毎月各国の大都市圏で実施
農業技能測定試験 詳細はこちら
特定技能試験 国内日程はこちら
農業の要件:営農証明書の取得ができる事業者
技能実習生からの移行要件:耕種と畜産の2カテゴリー内で、同一カテゴリー内のみ可能。

在留資格

2:技能実習(就業期間の確実性があります)

就業者条件:自国から呼び寄せ
雇用企業条件:50名以下の法人は年間3名まで、延べ9名まで受け入れ可能
特徴:受入人数が若干制限されますが、上記特定技能の技能評価試験は受験不要です。
上記試験実施のタイミングと試験内容によって、技能実習生の方が就業開始時期が早く確実性が高いです。特定技能との併用をお勧めします。
併用や特徴等は上記の特定技能欄をご参照ください。

特徴:受入人数が若干制限されますが、上記特定技能の技能評価試験は受験不要です。上記試験実施のタイミング如何によれば、技能実習の方が就業開始時期が早い場合があります。特定技能との併用をお勧めします。