特定技能、登録支援機関、外国人材受け入れ

よくある質問

専門的な質問

10年です。

技能実習生を1~3号まで終了:5年
特定技能:5年

日本語能力によります。
ご希望の場合は、無料でコンサルティングいたします。

留学生もしくは特定活動なら可能です。
特定技能、技能実習生、技術人文知識国際業務は不可能です。

できます。

詳細はお問い合わせください。

特定技能求人に関する一般的な質問

はい。

全く違います。

まず費用です。費用は安いに越したことはありませんが、昨今異常に安い登録支援機関があります。
どう考えても、支援に行く交通費すら捻出できないような設定です。経営面で危惧されます。
受入企業経由でよく聞きます。以前いい加減な登録支援機関で、非常に苦労したと。
結局責務は受け入れ企業にのしかかります。
当社は、高度なサービス品質の中で、最安値を打ち出しております。
十分な比較ご検討をお願い申し上げます。

 もちろんあります。

特定技能1号の受入提携国に偏りがある登録支援機関が多いです。
これは支援機関を見分けるポイントでもありますが、 「受け入れ相手国が少ない=緻密な経営をしていない」 と思います。
同様に1か国内の提携送り出し機関が少ないのも同様な感覚だと思います。
受け入れ後のサポートが全くない登録支援機関もあります。
この点、当登録支援機関は自信をもって提供しておりますので、選択の候補に入れていただければ幸いです。
また、運悪くサポートの悪い登録支援機関を選定してしまった場合は、当社でお引き受けいたします。
お気軽に用命ください。 

介護などは、特定技能と技能実習生を除く常勤人数と同等数まで。
他の業種に制限はありません。

特定技能1号の場合、JLPTのN4程度が条件です。
ただ、筆記試験と会話は別なので、個人差が非常に大きいです。
この場合、適材適所、さらに日本語があっという間に上達する方法があります。当社をご指名くださった際には、縫証でコンサルティング致します。

いいえ。
しかし、「はい」に限りなく近いです。
制度上は転職可能ですが、受け入れ企業あっての就業です。他社を途中でやめた人材の応募があった場合、採用されますか?

日本人と同様以上と規定されています。 初任給の基準以上であれば、特に問題ありません。
義務ではありませんが、特定技能外国人材は「外国人材用の保険」という種類に加入をお勧めします。細かい条件は保険会社によりますが、ほぼ100%の治療費が補償されます。

あります。

国籍や習慣によって、いろいろな組み合わせがあります。 本項目は、当社得意分野です。提携国数、提携会社数が多いゆえにデータも蓄積されています。

貴社でしか取得しにくい書類は取得していただきますが、作成すべき書類等は、当方でできるまでサポートいたします。
貴社には極力負担の内容にサポートいたします。
法人税の納税証明や社会保険の納付証明などが必要なので、ご用意いただくことになります。未納がある場合はご相談ください。